ナショナリズムとリベラル

どっかで昔書いたことがが巡回先のブログで論じられていたので紹介:

Ben Casnocha: The Blog: The Nationalism of Liberals vs. Conservatives

Conservatives tend to be proud nationalists. They poll higher on questions that ask, “Are you proud to be an American?” There’s the image of conservatives with their big American flags and trucks. Conservatives’ nationalism, at its strongest, tends to manifest in hawkish foreign policy.

保守派はナショナリストだ。日本では保守主義の定義が難しいが、右派が国旗や国家に対する愛着と言う意味でナショナリスティックと言えるだろう(むしろそうであるかが右派・左派を分けれているとさえ言える)。

Yet at the same time, they believe strongly in American jobs and workers. Narratives around the “little guy” being screwed by big bad multinational corporations is very much part of the liberal imagination. So liberals’ nationalism, at its strongest, tends to manifest in economic nationalism. In particular, protectionism.

しかし、ここで指摘されているのはその左派=リベラルも実はナショナリスティックだという点である。これは保護主義に現れている。自国労働者を守ろうという意見は自国を他国に比べて優越するという考えにほかならない。

Bottom Line: Liberals make fun of conservatives’ patriotism, but in fact liberals’ preferred economic policies are more dangerously nationalistic, and full of contradictions.

最後に著者Ben Casnochaはリベラルが保守派の愛国主義を批判しながら、経済政策でナショナリスティックであるのは矛盾だとして指摘している。

全くその通りではあるがこれがリベラル(=米民主党)への批判になっているのかと言えば疑わしい。そもそもリベラルを何を持って定義するかにもよるが、ある国の中で議論する際に相手を説得するための唯一の(正しい)方法はある政策が相手にとっても得なんだと示すことである。ここで自国民の利得を優先するのは矛盾ではないし、愛国主義でもない(むしろ自国民の利得を超越した価値を愛国心に見出したときに愛国主義になるといってもよい)。ここでたまたま保守派が推す自由貿易が保護主義よりも望ましいのはナショナリズムとは関係なく単に経済理論によるものだ。

ただ、だからといってリベラルが保守派愛国主義をバカにすることもできない。そもそも国という概念が恣意的である以上、愛国心は必要な概念である。アメリカで愛国心が非常に持て囃されるのはこのせいだろう。移民が多い国では国という概念は希薄だ。ビザや市民権という意味では重要だが、社会の枠組みとしては弱い。別の言い方をすれば、社会ために何かしようという時に「アメリカ」という枠組みを採用する必然性がない。地元のためとか自分たちの民族的なコミュニティーを思い浮かべる人が多い。これだけ愛国心を祭り上げていても再配分政策が全くされないのもそうだ。

ナショナリズムとリベラル” への2件のコメント

  1. 楽しく読まさせてもらってます。

    僕はカナダにいましたが、カナダもアメリカ同様移民の織り成す国です。が、再配分をする高福祉国家といえるでしょう。

    アメリカが愛国心を煽るのは、移民の国であることとは違うところにあるのではと思っています。

  2. コメントありがとうございます。励みになります。

    カナダには行ったことがないのですが、移民の社会経済的な位置が重要だと思います。アメリカでは不法移民が半ば黙認されていますが、カナダでは移民のセレクションを行っていたと記憶しています。この場合、移民が増えると財政に悪影響がでるということはなくなります。

    またアメリカで再配分が少ない理由には歴史的なものがあると思います。一つはリベリタリアニズム、もう一つは黒人の存在です。

    そんな状況だと国をまとめるには愛国心を煽るのが一番簡単になるんだと考えています。

    逆に日本のように民族的、地理的、言語的にも均質な国だとこんな心配はほとんどないですね(戦争でもやらない限り)。

コメントは受け付けていません。