人間の脂肪マーケット

あまり経済とは関係ないけど:

Peru’s Police Say Gang Drained Victims’ Fat – NYTimes.com

A gang in the remote Peruvian jungle has been killing people for their fat, the police said Thursday, accusing the gang’s members of draining fat from bodies and selling it on the black market for use in cosmetics.

ペルーのジャングルで、死体から脂肪を採取して闇市場で売るために人を殺していたギャングが逮捕されたそうだ。

Three suspects have confessed to killing five people for their fat, said Col. Jorge Mejía, chief of Peru’s anti-kidnapping police. He said the suspects, two of whom were arrested carrying bottles of liquid fat, told the police it was worth $60,000 a gallon.

恒常化しているようで、1ガロン(3.79リットル)で六万ドルで売れると供述している。

Mr. Castillejos told the police that the band’s fugitive leader, Hilario Cudena, had been killing people to extract fat for more than three decades.

ギャングのリーダーに至っては30年間にも渡り続けているようだ。

Several medical experts acknowledged that fat had cosmetic uses, but they also said they doubted that there was an international black market for human fat. Dr. Lisa M. Donofrio, a Yale University dermatology professor, speculated that a small market might exist for “human fat extracts” to keep skin supple, though she added that scientists considered such treatments “pure baloney.”

国際的な闇市場はないだろうが小さな市場ならあるかもしれない。漢方にするために絶滅危惧種が乱獲されるのと似たようなものだろう。

具体的な方法を知りたい方は以下の節に:

gang would cut off its victims’ heads, arms and legs, remove the organs, and then suspend the torsos from hooks above candles that warmed the flesh as the fat dripped into tubs below.

人間の脂肪マーケット” への4件のコメント

  1. ファイトクラブというブラットピットの映画で、美容外科の脂肪吸引から出たゴミで石鹸を作って大儲けするというのがありました。ある意味循環してますよね

  2. たしかに美容外科の脂肪吸引で入手する方法もあるのに、人を殺して採取してるってどれだけ殺人のリスクが低い=警察力がないんだって感じですね。

  3. 体脂肪率8%台の自分は、純資産ベースで見ると結構貧乏かも知れない(笑)。

  4. それはまたずいぶんと低いですね。適正値の半分以下でしょうか。

    デトロイトだと相当に目立つんじゃ。。。

コメントは受け付けていません。