キャリアパス

数日前にDiggのフロントページにあったので既に見た人も多いだろうけど、とても笑えるキャリアパスの構図:

関連ポストはこちら:夢の仕事とクソ会社

Career Path…….Wow! How True! | Fortune Watch

ATT00001

上の人間が下を見るとshitばかりが見え、下の人間が上を見るとassholeばかりが見える。一番上を目指すも、端っこで避けるも、他の木に飛び移るもいいけれど、やっぱり前回の「好きなことを仕事にするな」よろしく、頑張って大きな組織を支える役割の重要性を社会が認めることが必要でしょう。

価値基準や倫理というものは社会全体の利益に適うようになっていないと誰の得にもならない。じゃあ何が社会にとって望ましいか。それは適材適所であり、それを実現するような価値観だ。

みんなが好きなことばかりやっていたらどうなるか。上の絵で言えば下の鳥がみんな上や端っこを巡って争うか、他の木に飛んでいく。でも多分木の数には限りがあってたくさんの鳥が望みの場所を見つけられずに落ちていくんだろうね。

追記:日本ではむしろ逆の問題のほうが深刻そうだ。つまり、下でくそまみれになりながら仕事するべきという文化が過剰な気がする。

キャリアパス” への7件のコメント

  1. 特定の木に乗ろうとしている人が多すぎるのが一番問題のような気もします。

  2. 確かに日本だとそういう気がしますね。言い方は悪いですが、特定の木にみんな集まって糞まみれになっているないし溢れているみたいな。。。

  3. アメリカもみんな医学部志望で怖いですよ。人気のない分野は移民で上手く回してますけど。

  4. >アメリカもみんな医学部志望で怖いですよ。

    確かにメディカル・ロー志望の割合が非常に高いですね。経済だと後は金融一本槍の学生でしょうか。

    ほんとアメリカは移民で回っているんじゃないかという気がします。

  5. ピンバック: 夢の仕事とクソ会社 » 経済学101

  6. これは的確すぎる(笑)。

    僕は、なるべく上は見ようとせず、降り掛かってくるのはフロスティングだと思って乗り切ります。さすがに匂いと味には騙されようがありませんが(笑)。

コメントは受け付けていません。