アフリカの共通通貨

アフリカでユーロ同様の共通通貨の導入が始まっている:

A Less-is-More Growth Strategy for Africa via Project Syndicate

The African Union is now aiming at pooling all the continent’s currencies into a single currency by 2028. In the meantime, several regional monetary unions are on the drawing board, in addition to the two monetary unions that already exist, one de jure and the other de facto .

アフリカの多くの国では、独立したしばらくすると旧宗主国の通貨から独自の通貨に移行した(ないし旧宗主国の通貨へのペグを取りやめた)。通常の為替理論通り、独立して金融政策をうてるようになったわけだが、これが裏目にでた。

But the naira’s introduction quickly put an end to parity with the British pound. Government expenditure exceeded federal revenue, despite rapidly rising foreign-exchange earnings from oil exports after 1970. The federal government’s budget deficits were financed through foreign and domestic borrowing, and by printing money, which led to inflation and depreciation of the new currency. Today, it costs 220 naira to buy one British pound, which implies 15% annual average depreciation since 1973.

これまた理論通り、中央銀行の独立性が担保されていないため、財政赤字のために通貨が発行され急激なインフレ・通貨安が生じた。それらの国々が共通通貨を導入し、金融政策を一括管理することでインフレ圧力を管理しようというわけだ。

冒頭にある通り、どんな開発政策よりも効果が高いように思われる。

If African countries were to adopt only one policy to boost economic growth and improve macroeconomic stability, they should reduce the number of currencies in circulation across the continent as quickly as possible.

アフリカの共通通貨” への2件のコメント

  1. これはおもしろい!!!
    アフリカじゃないけど、ラオスとか、円とドルと現地通貨が1/3ずつ流通していてマクロ金融政策とか機能してないからねえ。

  2. それも面白いじゃん。インフレが激しくなると実質的には自国通貨が役に立たなくなるけど、そういう経済は何が起きてるんだろうね。

コメントは受け付けていません。