IQの高さは何を意味するか

元記事はNew Scientistからこちら

天才馬鹿は何故いるのか?:Why High IQ doesn’t translate into wise decisions

“A high IQ is like height in a basketball player,” says David Perkins, who studies thinking and reasoning skills at Harvard Graduate School of Education in Cambridge, Massachusetts. “It is very important, all other things being equal. But all other things aren’t equal. There’s a lot more to being a good basketball player than being tall, and there’s a lot more to being a good thinker than having a high IQ.”

IQはバスケットボール選手の背の高さだという。全くその通りだ。サッカー選手の足の速さだといってもよい。昔から頭のよさというのは足の速さに似ていると思っている。殆どが生まれつきであり、単独では何の役にも立たない

One is intuitive and spontaneous; the other is deliberative and reasoned. Intuitive processing can serve us well in some areas

人間の情報処理には直感的なものと熟考を要するものに分かれるという。経済をかじったことがあるひとなら、これはゲームの均衡を求めるようなものだと考えればいい。IQテストが測るのはゲームツリーが与えられた時に特定の均衡を全て発見するようなものだ。しかし、ゲーム理論のクラスでいい成績をとるひとが通常のコミュニケーションをうまく運べるわけではない(それどころかむしろ逆だろう)。

The problem with IQ tests is that while they are effective at assessing our deliberative skills, which involve reason and the use of working memory, they are unable to assess our inclination to use them when the situation demands.

IQテストの問題はこの熟考のスキルしか測れないのが問題だそうだ。しかしこの批判は余り意味をなさない。短距離走の記録がサッカーの成績を表さないと文句を言うようなものだ。もしIQテストが一般的な頭のよさを示すと考えているとしたらそれが誤解なのであってIQテストにケチをつけてもしょうがない

そもそも、二つのスキルがあって両方を上げなければならない理由もない。別の言い方をすれば「知性」が高くある必要もない。足の速さだけではサッカー選手にはなれないが陸上選手にはなれる(それの何が悪いのか、「知性」が足りないとでも言うのだろうか)。IQが高くて他がダメでも数学者にはなれるかもしれない。もちろんいろんな才能を組み合わせた方が労働市場では有利だろう(通常の労働は労働者総体としての評価であって特定のスキルではないからだ)。しかし、余りにも能力が偏っている=他の才能を伸ばすのが困難であるなら一つのことに集中するのも理にかなっている。

元記事のタイトルWhy a high IQ doesn’t mean you’re smartへの答えは単純だ。それはIQとsmartの定義が違うからに過ぎない。

It is not enough to say what intelligence is not measuring, you have to propose alternative ways of measuring rationality,” says Kahneman. Stanovich maintains that while developing a universal “rationality-quotient (RQ) test” would require a multimillion-dollar research programme, there is no technical or conceptual reason why it could not be done.

ではもっと広範な知性をどうやって測ればいいかについて論じられているが、これが困難なのは明らかだ。知性に何らかの定義を与えた途端、それは元々の知性とは異なるものになってしまう。それは「サッカー能力」をサッカーの試合での活躍以外の指標、例えばリフティングの回数、なんかで測ろうとするようなものだ。「知性」というものの正しい測定法が決まっていない以上、どの測定法がより存在しない指標を正しく測定しているかを判断することはできない。問題は「知性」という指標を何のために使用するかだ。サッカー選手の得点能力が知りたいのであれば、得点率・チーム間の戦力差などの指標からなにか数値を作れるだろう。高校生における勉強の出来なら模試の点数だ。受験に成功するかが焦点である以上当然だ。目的のない数字には意味がない。

IQの高さは何を意味するか” への10件のコメント

  1. 例えばIQが高いほうが物理学者になりやすいのであれば、国としてはそういう人を早く掘り出して彼らに集中的に投資をすれば効率が良さそうですね。

  2. まあIQが高いのと学業成績が相関していているので、難しい学校に投資すればほぼ同じ結果になります。

    あと社会的には物理学が出来て*他が出来ない人*が物理学者になるのが最適なので、物理学が出来るかどうかだけでは最適な投資はできないですね。

  3. >物理学が出来て*他が出来ない人*が物理学者になるのが最適

    そうですね。日本で働いていた時、リサーチ部門に配属されるのは、リサーチが出来て、かつ、他の仕事ではそこまでの能力を発揮できない、という人でした。

  4. RionさんのIQはお幾つですか?
    これだけ高度な内容のエントリーを毎日更新し、かつバークリーで博士過程の勉強(こちらがメインですよね笑)をこなすって、「マジかよ!」なっていつも思ってます。
    Willyさんにも聞いたことがあるんですけどね。
    ちなみに僕は130~140位でした(体調の良い時)。自分の背の高さが他の方と比べてどの位かを知っておくのは重要だと思うんですよ。

    後、脳のスタミナって言うものとても重要だと思います・・。起床24時間後にIQテストを実施してみるとか笑。

  5. 僕も米大学院進学準備中なので、僕より遥かに凄そうな方のIQが気になりました。

  6. >RionさんのIQはお幾つですか?
    やったことないです。

    >これだけ高度な内容のエントリーを毎日更新し、かつバークリーで博士過程の勉強(こちらがメインですよね笑)をこなすって、「マジかよ!」なっていつも思ってます。

    いやもっとも勉強しろよってだけの話なんですがw。

    >自分の背の高さが他の方と比べてどの位かを知っておくのは重要だと思うんですよ。

    背の高さ同様測らなくても、大方の自分の能力は分かると思います。私の場合一番強いは飲み込みの速さと説得力ですね。逆にパズルを解くようなタイプの能力は月並みなようです。いまいち研究に向かない能力セットなのが難点です。

    >後、脳のスタミナって言うものとても重要だと思います・・。起床24時間後にIQテストを実施してみるとか笑。

    やはりそこは薬品がよろしいのではw。ぜひ以下のエントリーをどうぞ:

    http://rionaoki.net/2009/10/688

    >僕も米大学院進学準備中なので

    何を専攻されているのでしょうか。大学院の受験一般についてはそのうち書こうと思っています。

  7. 社会学ですよ。

    >背の高さ同様測らなくても、大方の自分の能力は分かると思います。

    確かにそうですね。が、しかし、自分の能力を客観的に測ることほど難しいこともない笑。院の出願をしていて自信がなくなったので他の方のIQが気になっているんだと思います。
    後、IQと老化の関係はどうでしょうね。ETSの統計だと、高齢の受験者ほどQuantの点が下がり、Verbalが上がる傾向があるらしいですが、当たり前と言えば当たり前ですが、もしかしたら老化と共に空間把握能力系は落ちるのか・・。

    薬品のエントリー見ましたとも。僕の研究テーマはまさにそれです。僕自身、Depressant(酒でですが笑)に依存して、カナダで施設にまで入りましたから笑。

    何とか一流の院に入って、三流の学者になりたい。それが目標・・かな。。

  8. >社会学ですよ。

    Sociologyですか。Ph.D.が長そうなイメージが。。。

    >院の出願をしていて自信がなくなったので他の方のIQが気になっているんだと思います。

    気にしても結果には影響しないので、とりあえず沢山出願するといいですよ。どっかには受かると分かっていれば楽になります。

    >ETSの統計だと、高齢の受験者ほどQuantの点が下がり、Verbalが上がる傾向があるらしいですが、当たり前と言えば当たり前ですが、もしかしたら老化と共に空間把握能力系は落ちるのか・・。

    これは数学を使う学科のほうが平均年齢が低いというセレクションバイアスがほとんどだと思います。

    >薬品のエントリー見ましたとも。僕の研究テーマはまさにそれです。僕自身、Depressant(酒でですが笑)に依存して、カナダで施設にまで入りましたから笑。

    これは余り適当なことはかけませんねw。お酒はよく楽しんでおります。

  9. >Sociologyですか。Ph.D.が長そうなイメージが。。。

    そうですね、だからそのリスクとメリットを天秤にかけて、「一流校のみ!(TOP30)」です。永い人はマイナーな所でMAを取ってから一流PhDへ!と言う流れですがね。僕は高齢なんでそれはできない。

    >数学を使う学科のほうが平均年齢が低い

    へー、これは初めて聞きました。確かに直に修士博士に進むことのメリットが大きい分野だからか。

    >お酒はよく楽しんでおります。

    そう、楽しめる人と僕みたいになってしまう人の違いを、遺伝子レベル以外で説明したい。社会的要因が、ひいてはそもそも近代化が引起した要因があるのでは?って思いますけど。
    後、僕のカナダでの経験ではDrug Addictsは白人ばっかり。白人を研究対象にした社会学・人類学は少ないと思うのでそこにも切り込みたい!そんな感じですね、もし受かれば。

  10. >「一流校のみ!(TOP30)」

    アメリカだとアカデミックでもプライベートでもとにかく有名な大学へいったほうがいいと思います。学歴社会ですから。

    >直に修士博士に進むことのメリットが大きい分野だからか。

    経済学だと職歴は大学を離れているということで一流投資銀行であってもマイナス評価されます。同級生を見ても社会人経験は長くて3年で連邦準備銀行(FRB)が一番多いです。

    >社会的要因が、ひいてはそもそも近代化が引起した要因があるのでは?って思いますけど。

    個人的には人間関係が大きいと思います。もちろん近代化はそこに影響しています。現在だと個人の人間関係についてソーシャルネットワークから膨大なデータが手に入るので面白い分析ができそうですね。

コメントは受け付けていません。