アメリカ反トラスト法メモ

ほぼ自分用メモ。当然IANALで。

アメリカの(連邦)反トラスト法(Antitrust Law)は主に三つの法律(Act)からなる。

  1. シャーマン法(Sherman Act): 1890年
  2. クレイトン法(Clayton Act):1914年
  3. 連邦取引委員会法(Federal Trade Commission Act):1914年

これに加えて細かいものが

  • ロビンソン・パットマン法(Robinson Patman Act):1936年
  • ハート・スコット・ロディノ法(Hart-Scott-Rodino Act):1976年

があるが両者ともクレイトン法に対する修正案である。前者は小規模小売店を価格差別から保護するもので主に連邦取引委員会(FTC)が執行し、後者は一定規模以上の合併に際しFTC及び司法省(DOJ)に通知する義務を定めるものだ。

基本となるのはシャーマン法第一条:

Every contract, combination in the form of trust or otherwise, or conspiracy, in restraint of trade or commerce among the several States, or with foreign nations, is declared to be illegal. […]

第一条は非常に曖昧で競争を阻害する行為が対象となるが、実質的にはコモンローを築く根拠としての役割を果たす。第二条:

Every person who shall monopolize, or attempt to monopolize, or combine or conspire with any other person or persons, to monopolize any part of the trade or commerce among the several States, or with foreign nations, shall be deemed guilty of a felony […]

第二条は市場支配力を有する企業がとる一方的な行動に適応され、略奪的価格付け(predatory pricing)や抱き合わせ販売(bundling)が対象となる。

クレイトン法はシャーマン法の曖昧さに対する不満から生まれたもので主な条項としては、競争を阻害する抱き合わせ販売及び排他取引を禁じる第三条:

It shall be unlawful for any person engaged in commerce, […], to lease or make a sale or contract for sale of goods, […], or fix a price charged therefor, or discount from, or rebate upon, such price, on the condition, agreement, or understanding that the lessee or purchaser thereof shall not use or deal in the goods, […] of a competitor or competitors […], where the effect […] may be to substantially lessen competition or tend to create a monopoly in any line of commerce.

及び水平・垂直合併を規制する第七条:

No person […] shall acquire the whole or any part of the assets of another person engaged also in commerce […] the effect of such acquisition may be substantially to lessen competition, or to tend to create a monopoly.

がある。

FTC法はクレイトン法と同年に成立し、新しい執行機関としてFTCを設立し、第五条において、

Unfair methods of competition in or affecting commerce, and unfair or deceptive acts or practices in or affecting commerce, are hereby declared unlawful.

シャーマン法・クレイトン法において反競争的とされる行為を規制する権限をFTCに与えている。

DOJ、FTCは共に反トラスト法の執行機関であるがいくつかの違いがある:

  • DOJのみが刑事を扱う(シャーマン法違反のみが刑事罰の対象となる)。
  • FTCはよりFTC法に基づき若干広い範囲の行為を規制する。
  • FTCは衡平法上の救済(equitable relief)のみを行う。
  • FTCは内部に準司法的行政機関を持つ。

また日本と異なる点としてシャーマン法・クレイトン法違反により損害を受けた場合には、被害額の三倍(treble damages)の懲罰的賠償を請求できる。

アメリカの法律の原文はコーネル大学ロースクールから。

アメリカ反トラスト法メモ” への1件のコメント

  1. ピンバック: 価格差別とブラックフライデー » 経済学101

コメントは受け付けていません。