イランの腎臓移植マーケット

Project SyndicateへのPeter Singer投稿から。

To seek an answer, we can turn to a country that we do not usually think of as a leader in either market deregulation or social experimentation: Iran. Since 1988, Iran has had a government-funded, regulated system for purchasing kidneys. A charitable association of patients arranges the transaction, for a set price, and no one except the seller profits from it.

According to a study published in 2006 by Iranian kidney specialists, the scheme has eliminated the waiting list for kidneys in that country, without giving rise to ethical problems. A 2006 BBC television program showed many potential donors turned away because they did not meet strict age criteria, and others who were required to visit a psychologist.

イランでは腎臓売買の手配・価格の設定などを行う国家認定の組織が存在し、現在では腎臓移植を待っている人は存在しないそうだ。言及されているBBCのプログラムの内容はこちらで見られる(番組のスクリプトはこちら)。またより詳細な説明がこちらにあった。

Those who volunteer to donate the kidney to unrelated recipient; government gives him cash compensation equivalent of 6 months of his salary, lifetime health insurance, plus recognition award.

他人に腎臓を提供をする人には半年分の給与、一生の健康保険などが提供されるようだ。このようなシステムが推進されるのは、イランの保健制度とも関係がある。

Iran offers lifelong free Hemodialysis treatment to all its citizens with quality standard that of best in the world.

国が透析を無料で提供するシステムになっているため、腎臓移植のインフラを整備することで予算を節約できるようだ。

イランの腎臓移植マーケット” への2件のコメント

  1. へえーーすごい画期的な感じがします。透析と移植って国の負担としてはどちらが大きいのかな?価格はどうやって決めるの?

    >腎臓移植を待っている人は存在しない
    じゃあ闇で日本人もイランに行っていそうですねえ。

  2. >価格はどうやって決めるの?
    価格は需給に応じて。血液型にもよるけど、BBCの例だと本人負担$3,000に国からの補助$1,200といったところ。

    >透析と移植って国の負担としてはどちらが大きいのかな?
    国庫負担からすれば一度切りで終わる移植の方が遥に安い。

    >じゃあ闇で日本人もイランに行っていそうですねえ。
    多分イランまで行かなくても東南アジアで大丈夫じゃない?どうせ闇市場の価格は正規市場のでの価格とそこまでリンクしていないでしょう。

コメントは受け付けていません。