赤ん坊の値段

養子のマッチングデータから、養子に出される子供の値段を推定している。

Markets in everything: Discount babies

元になっているペーパーは「Gender and Racial Biases: Evidence from Child Adoption」。

It’s about $8,000 cheaper to adopt a black baby than a white or Hispanic child and girls tend to cost about $2,000 more than boys.

養子をマッチする仲介者が提示する金額は、黒人の子供を指定した場合のほうが白人やヒスパニックの場合よりも$8,000安く、女の子の方が男の子よりも$2,000高いとのこと。原因としては、親が自分と同じ人種の子供を好むこと、女児の方が大きな問題を起こしにくいことなどいろいろ考えられる。

It is hard to know exactly how many black newborns in the sample are not adopted and wind up in foster care. Black children make up 32% of the foster care population, but just 16% of adoptees (including domestic and international adoptions).

しかし、このフィー=価格差があっても需給が一致しているわけではない。黒人の養子に占める割り合いは16%だが、フォスターケアの32%を占める。

The paper finds the cost of adopting a black baby needs to be $38,000 lower than the cost of a white baby, in order to make parents indifferent to race. Boys will need to cost $16,000 less than girls.

推定された引受側の選好から計算すると、黒人の子供の需給を一致させるには白人の子供を引き受ける場合よりも$38,000安い必要があり、男女の需給を一致させるには男の子が女の子より$16,000安い必要があるとのこと。

誰もが気づいていても口に出しづらいことを金額にしてしまうことは重要だ。単に数字を見て面白いというだけではなく、養子として引き受け先のない子供の数をどうやって減らしていくかは重要な政策課題だからだ。

赤ん坊の値段” への3件のコメント

  1. ピンバック: Tweets that mention 赤ん坊の値段 » 経済学101 -- Topsy.com

  2. (命はお金に替えられないなどと言いたい人が多いので)お金に換算するとどうしてもえげつない感じになってしまいますが、この場合は養子と受入先をタイプで分けて数を出すだけでも十分有用だと思います。

    人種の問題は厄介ですね。引き取り手の見つかりにくい人種の子供の数を減らせ、といっても実際問題として特定の人種に「もう産むな」というわけにもいかないですし、単に社会の現実を映し出してしまっている点で、どうしようもない気もしますが。

    • えげつないとされる分野では価格がつけて市場で取引することができないのでこういう問題がなくなりませんね。この場合子供の引取り手の問題なので困ったことです。

コメントは受け付けていません。