逆頭脳流出

アメリカからの頭脳流出に警鐘を鳴らすRichard Floridaの記事:

Is the U.S. Facing a Brain Drain?

From the beginning, I’ve been worried about this talent shift. Two things are happening. Countries such as Canada, Australia, and New Zealand are going after our best and brightest. In China and India, the best and the brightest are staying.

近年、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドなどが優秀な人材を取り組む努力をしているという。実際アメリカの移民政策はそのイメージよりも厳しい。他にもイギリスやシンガポールなど英語が公用語の多くの国が積極的な受け入れを行っている。また、同時に長く人材の供給元であった中国・インドにおいて流出の減少と帰国が目立っている。

もちろんネットでみればアメリカに流入する人材の方が遥かに多いだろうが、その傾向に変化が見られていることに対する懸念だ。

How to save Detroit, how to stimulate the mortgage industry. This flight of talent out of this country is actually a much more fundamental problem than anything talked about in Washington. Keeping top talent here as well as attracting top talent to our shores is a fundamental economic advantage.

国内問題がクローズアップされているが、人材の流出はそれらよりも遥かに十代な問題だと主張されている。これは日本にも当てはまるだろう。文化・言語の差によって人材の移動が制限されている面はあるが、これからもそれが続くとは限らない。

I think that the important core of American ingenuity is not American ingenuity. It’s the ability to attract the world’s best people.

アメリカの強さは最高の人材を惹きつける能力にあるというのは全面的に賛成だ(逆に言えば個々の政策レベルでアメリカを参考にするのは危険ということでもある)。

One of the biggest tools foreign companies have is our business schools. All these great companies are coming to recruit.

まあビジネススクールの人材がそれに当たるかどうかは分からない。むしろ理工系の人材供給を考えた方がいいとは思う。

逆頭脳流出” への4件のコメント

  1. この話時々出てきますが、実際に内陸部に住んでいるアメリカのみなさんってどういう実感を持っているんでしょうかね。シゴトを奪われるという感覚のほうが強そうな気がしないでもないです。

    日本人は別の理由で流出が始まっているように思います。TOEICが500くらいのヒトのところまで「上海に行かないか」とか「アメリカに転勤してくれ」みたいな話が来るようになっているというのを見聞きするようになりました。

    なのに未だに移民=単純労働力という認識があり、それでいいのかなあと思ったりもします。

    最後のビジネススクール云々は同意ですが、エンジニア出身でMBA取ったりするヒトもいるわけですからね。一概に理系文系みたいな分け方にはならないかもしれませんね。必要な時に必要な勉強ができる環境が大切なんでしょうね。

    • 普通のアメリカ人は景気が悪いと仕事を奪われるという感想が多いですね。

      TOEIC500で海外とか大丈夫なんですかね…。あの試験は正直英語力を測るという面では何の役にも立たないと思います。

      移民=単純労働というのは間違いでうすね。単純労働者はどこでも余っているわけで、それを雇うような人材を念頭にお繰べきです。

      エンジニア出身でMBAというのもありますね。個人的にはビジネススクールというのはシグナルや社交がメインに思えるので今後影が薄くなるのかなと感じています。

  2. ピンバック: 起業家ビザ » 経済学101

  3. ピンバック: 移民の効果 » 経済学101

コメントは受け付けていません。