iPadは大成功

iPadに対する賛否両論はあるが、iPadが製品として大成功なのは明らかだ。

Apple iPad Sales Could Top 2 Million a Month – DailyFinance

Apple (AAPL) iPad sales have already reached about 1.2 million a month, according to the DigiTimes, a daily Taiwanese newspaper. The figure is based on Samsung’s production of displays for the tablet, which will ship in July.

iPadは既に月120万に上っており、毎月伸びている。AAPLの株価も好調だ。少なくとも会社の利益に貢献するという点で既に成功としかいいようがない。

iPadは「残念なプロダクト」かどうかで議論白熱 | web R25 via gshibayama

iPad発売をとても楽しみにしていて、ようやく手に入れた藤沢氏が「残念」とした根拠は以下のとおり。

「iTunesがイントールされたPCがないとびくりとも動かない」――これについて藤沢氏は「iPadというのはPCを使ったことがない人でも使えるコンピュータではなく、PC、それもiTunesというAppleの集金マシーンがインストールされたPCがないと起ち上げることさえできないのです」と説明している。

これはiPadが全ての人にとって素晴らしい製品かとはあまり関係ない。私自身iPadをうまく使う方法が思いつかない。家にいるときはデスクでコンピュータを並べているし、外出時にはラップトップを持っている。wifiがつながらない場所にはいかないので3Gが必要な理由もない。

しかし、製品がある人間にとって有用かどうかと製品としての優秀さはあまり関係ない。製品が売れるのは、その製品の価値が価格より上である場合で、収益を伸ばすには次のような方法が考えられるだろう。

  1. 価格を下げることでより多く売る。但し一人当たり収益は落ちる。
  2. まだ買ってない人への価値を上げて売上台数を伸ばす。
  3. 買っている人への価値を上げてより多くチャージする。
  4. 価格差別をうまく行って購入者から製品個別単価以上の収益を上げる。

iPadの場合はどうか。Appleは自社製品を安売りするつもりはないし、生産能力にも制限がある(=安くして需要を増やしても供給が追いつかない)ので1の安売り作戦はとらない。iPadは欲しい人は欲しい、いらない人にはいらない製品なので2のように欲しくない人に欲しがらせるのは難しい。それによって元から購買意欲のある人にとっての製品価値が落ちてしまっては元も子もないからだ。

望ましい戦略は3,4を組み合わせたものとなる。非常に尖った製品を作り価格を上げる。全員に買ってもらう必要はない。買ってもらう人に高い価値を認めてもらえば良いのだ。さらに買う人の間でも非常に価値を認める人とそうでない人がいるので適切な価格差別によってより多くの余剰を収益に変える。これはiPadというプラットフォーム上でApple自身が収益を上げることで達成出来る。ビデオゲーム会社がビデオソフトの売上の一部を収益とすることで、ゲームをよりプレイする人からより多くチャージするのと同じことだ。

Oprah gifts big bonus | Welcome to S2Smagazine.com via TrinityNYC

O gifted each member of her magazine staff with an iPad and personalized iPad case with their initials.

尖った製品を作ることのメリットはマーケティングにもある。ここではオプラ・ウィンフリーが自分の雑誌を作っている社員にiPadとイニシャル入りのケース(と一万ドル)を配ったというニュースが紹介されている。オプラ・ウィンフリーはアメリカの消費者に絶大な影響をもっており、Appleは実質タダで極めて効果的なマーケティングをしたといえる。先のR.25における賛否両論も同じだ。賛否を問わず強い意見が巻き起こることはいい製品の証であり、何も意見がでてこないことが最大の失敗だ

iPadは大成功” への13件のコメント

  1. まあソニーが同じもの作ってたらここまで騒がれなかったでしょうから、ブランドの勝利でしょうか。

    アップル信者たちの「神降臨」的な興奮の仕方には辟易させられますが、従来のパソコンみたいな、考えてみればかなり複雑なデバイスを使わなければ便利なネットもフルに使いこなせないという状態がこれまで長かったのも結構不思議ですね。

    • ソニーはどうなるんでしょうかね…。ebook readerがstaplesにおいてありましたがあれは売れないと思いました。

      ウェブアクセス専用に近いタブレットが沢山出てくるのは楽しみではあります。

  2. いつもタメになるお話、ありがとうございます。
    アップルは“母艦”を必要としないタブレット版のMacを作ろうと思えば作れるはず。
    しかしアップルが世に問うたのはMacの新型ではなくiPodの新型でした。

    • ご覧いただきありがとうございます。

      MacよりもプラットフォームとしてのiPhone OSの方が美味しいというのがありますね。Appleは払う気のある人からどれだけとれてなんぼというところがあります。

  3. 自分はマックユーザーだが・・・

     アップルがiPadを売ったから売れて、同じ物をソニーが売ったら売れないと言う意見もあるがそれはちがうぞ。

     やっぱり、iPadは製品としてすぐれているんじゃないか。

     今までにないものがそこにあった。

     Net Bookより画面が大きく
     したがって写真を大きく見る事が出来て、映画もゲームも楽しそうだ
     電子書籍も見られる
     もちろん、ネットも見られるし音楽も聴ける。
     画面でのキーボードは、不完全だが、ちょっとしたメールを返すのには重宝しそうだ。特に私のような、携帯で文字を打つのが苦手な人に取ってはだ。

     電子書籍用のものがあるが、それは電子書籍しか出来ない。そのために買うのはちょっとな、と自分は思う。

     ネットブックは魅力的だが、マックではでていないし、通常のウインドウズ系のもので自分のやりたい事が出来るかは不明であった。

     だから売れたのでは

    • 製品としても優れていると思いますよ。ただ企業にとって重要なのはそれが利益を生み出すかで、その点でiPadは製品それ自体としての優秀さを超えたところでも成功していると思います。

  4. あと、タッチパネルを上手に使ったな。これは今までのパソコンではなかった事だな。これがすごかったと思うぞ

  5. ピンバック: iPhone-Dev.jp » iPhone/iPad新着ニュース (2010/06/20)

  6. ピンバック: [朝刊] iPhone 4を前にして準備はできているか?「復元」は大事だぞ!

  7. 最大の魅力は”女の子が集まってくる“ことです。
    異論は認めません^^

  8. ピンバック: ニューススクラップ 2010.6.24 | ヲトメガジェット

  9. ピンバック: ipadの話題(06/22) - 半人抄

コメントは受け付けていません。